« 水着大バーゲン! | トップページ | お久し振りです。 »

切ない思い。

父の日に何を贈ろうか

毎年悩むところ。

ここ数年 洋画好きの父には

まだTV放送されていない洋画のDVDを

贈る事が多かった。

でも それも飽きてきたので

原点に返って 普通にポロシャツにしてみた。

ちょっとおしゃれな 普段買わないような感じの。

悩んだ割りに 今年のはちょっと自信あり!

早速 今朝 父から電話があった。

いつになく 長話の父だった。

今年 74歳になる父は白髪も少なく

まだまだ元気で ゆったりとしていて変わらない。

女系家族の中にあって

いつも少し離れて 静観しているような父。

お父さん子じゃないけど

不思議なもので 結婚し離れた地に来てすぐ

ホームシック的に 無性に父が恋しくなった。

母じゃなく ・・・父。

女の子って そんなものなのかな。

普段離れて暮らして なかなか逢えないけど

二人共 まだまだ元気で いてほしいな。

ウチは 娘二人が 出てしまっているから

親も 私達も 同居の苦労を知らない。

嫁姑問題なんかもないから

苦労知らずで ある意味 自由で幸せかもしれない。

そんな私に 言う資格はないけど。

ひと月程前

私にとっては 信じられない事があった。

ウチの父方の家系は 争い事を嫌い

真面目で 静かな家系で

余計な事は喋らない。

でも 皆ニコニコと 優しい。

そんな家系で 本家の叔父達は

長男夫婦と同居の 兼業農家。

孫も三人いる そんな生活を

もう 20年近くも続けて来た。

なのに 今になって 突然

一枚の書置きを残して

お嫁さんが出て行ってしまったという。

家族の誰も 理由が分からなかった。

彼女は飲みに行くのが好きだったので

誰か 好きな人でも出来たのではと

当初 思っていたらしい。

でも やっと最近 連絡が取れて理由を聞くと

もう同居は したくないと言う事らしかった。

そして 叔父夫婦が出て行くなら

家に戻っても良いと言ったらしい。

叔父達も 新築したばかりの大きな家で

たった二人は 広すぎるので

老後を見てくれるマンションにでも入ると

探し始めていると言う。

        もうもう信じられなかった。

まだまだ 叔父達は 現役で

農作業していたし

これから 住み慣れた土地で

悠々自適の老後を過そうとしていた矢先。

今更 何で!?

家を建て直す前なら 

二世帯にだって 別々にだって建てられた

なのに 何故今になって・・・。

事によっては アパート暮らしも考えているらしいが

狭いアパートで暮らした事なんてない叔父達が

現役を降り 離れた土地で暮らすなんて

これからの 二人の姿が目に見えるようで

恐ろしくてならない。

それなら 息子夫婦が 出るべきじゃないのかと

勝手に思ってしまう。

今後 自分達が引退した後は

後を継いで 農家を切り盛りしてくれるのは

息子夫婦だから・・・というのもあるようだけど

後 10年もあるかないか分からない人生

そんな年寄りを 住み慣れた土地から

追い出すような真似が 何でできるんだろう。

きっと 喧嘩や嫌がらせ的な事がなくても

日々の積み重ねで 腹の立つ事もあったんだろうけど

あまりにも 前触れも無く・・・。

お嫁さんは 私と同じ歳で

凄くしっかりしてる人で

親戚つきあいも程々にできる人で

よくやってくれている人だなと思っていたから

あまりに突然で 信じられなかった。

叔父達も 人が良すぎだし・・・。

私は身内だから ひいき目もある。

叔父達のことも 大好きだ。

父とも 良い兄弟だし。

徒歩5分ほどの近くに お互い干渉しすぎず

良い関係を築いていて暮らしている。

私達が 離れていても

こうして 安心して 

年寄りだけの生活を任せておけるのも

周りに 父母達の兄弟が住んでいるから。

父や母にしても

今の環境は 理想的な老後の生活だと思う。

当然 父母の兄弟から見てもそうだと思う。

そんな中で 起きた突然の出来事だった。

長男の嫁なのに

今になって 老後の面倒を放棄したなんて・・・。

叔父達の気持ちを考えたら

他人事のように思えず

父の日で浮かれて電話している時に

叔父達が 思い悩んでいると思うと

無性に悲しくて 怒りまで込み上げて来た。

平静を装ってるけど

父も 誰よりも辛い気持ちだろうと思う。

何故 後10年、・・・後5年でも良い

彼女は 我慢できなかったんだろう。

従兄弟も 口数の少ない人だから

そんな 悩みも話し合えなかったんだろうか。

もしかすると 次に帰省した時に

叔父達は 居なくなっているんだろうか。

どんなに 良い人と思っても

そりが合わないと こんな事になるのかな。

近い内に 出てしまう結果が

少しでも 悲しいものにならないように

神様に 御願いしたい気持ちでいっぱいだ。

今年の父の日は 

なんとも辛い日になってしまった・・・。 

|

« 水着大バーゲン! | トップページ | お久し振りです。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

農家の嫁は大変だよね、
両方の気持ちも分らない訳ではないけれど
老後の人生寂しい物になっちゃったね

私の本家もそうだった、家を別な場所に買って
息子夫婦、孫と一緒の生活が一転して叔父たち夫婦が
前のぼろい家に戻ってしまい…
働き者の嫁さんがもう嫌だと、もう高齢なので痛い足や腰を引きずって畑に出る姿悲しいです。

投稿: Me | 2008年6月17日 (火) 午後 12時43分

世の中には『理不尽』に思えてしまうようなこと
哀しくて切なくてももどかしいこと多々ありますね。
我が家の兄の離婚の際も胸が張り裂けそうでした。
めっちゃ面倒をみてた姪(だけ義姉が引き取ったんで)と
別れることも辛かったけど、両親の辛そうな姿
これを見てるのが本当に辛くて悲しかったです。
いろんな角度から見れば一方向だけを責めれない
そんなことは理性的にはわかっていても。。ね。
やはり理性的に落ち着いては見れなかったです。

読んでいて辛さがとてもわかりました。。

投稿: みんみん@携帯 | 2008年6月19日 (木) 午後 06時25分

Meさん>
確かに農家のお嫁さんは大変なんでしょうね。
私ん家は農家ばかりの中にあってサラリーマン家庭だったんです。
母は、絶対に大変だから農家には嫁ぐなと言ってました。
サラリーマン家庭には計り知れない大変さなんでしょうね。
でも あまりに前兆も無く急だったんでねぇ・・・。
結局、叔父夫婦が同じ町の老人住宅が空きそうなので
そこに住み、仕事から引退することになりそうです。
それで、お嫁さんは家に帰って来るらしいです。
離婚するよりはまだ良いのかもしれませんね。
納得いかないことはありますが、仕方ないですね。

投稿: Hiroママ | 2008年6月22日 (日) 午後 08時45分

みんみんさん>
そんなカミングアウトにこっちがビックリですよ。
でも 本当に辛いですよね。
多分それなりに両方に非があって責められないんですが
自分に近い方が良く分かる分、身内びいきしちゃって・・・。
子供達はもっともっと辛い思いでいるんでしょうね。
ウチの親戚って離婚率・不仲率が無に等しいくらい低いんです。
幸いな事にね。でもその分 周りに経験が無いんで
ショックも大きくてね。
思うととっても切ないです。
お嫁さんの方は親も兄弟も皆みごとに離婚経験者らしくて
「あんただけ頑張ってて偉いわ。」と言われていたらしいです。
そんな矢先の出来事でした。ジャンジャン♪汗

投稿: Hiroママ | 2008年6月22日 (日) 午後 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209064/21647824

この記事へのトラックバック一覧です: 切ない思い。:

« 水着大バーゲン! | トップページ | お久し振りです。 »