« 松本く~ん!! | トップページ | 生Kaede~! »

最良の思い出の日。

もうすぐ8月3日が終わるけど

やっぱりUPしておきます。

時効と言うことで・・・。(早ッ?) 

一年前の 8月3日は

私にとって 一生に一度

もう2度とないであろう 最高の日だった。

やっと梅雨も明け 

まだ少し涼しさの残るような日だった。

今日は kiyoちゃんの従兄弟さんのバンド

「sound like water」の関東ライブツアーの最終日。

我が家から 近い横浜のライブハウスで

行われることを知って

ものすごく行ってみたいと思った。

kiyoちゃんの作る曲と どう違うのか。似ているのか。

聴いてみたくて仕方なかった。

ブログでも kiyoちゃんは絶賛していた。

そんなに 褒められる従兄弟がいるなんて

余程 素敵な音楽を聴かせてくれるのだろうと

殆ど kiyoちゃんの事を忘れて、 

ワクワクして 従兄弟のバンドさんの為だけに出掛けた。

中華街を抜けて行けば 近い場所だったのに

それが嫌で 回り道をしたら

道に迷いそうになるくらい 遠回りして

汗だくになって そのライブハウスに着いた。

娘のバンド活動で いろんなハコには行ったけど

ここは初めての場所だった。

慌ててチケットを買って 中に入ると

もうすでに 1バンド目が始まっていた。

かなりシャウト気味の 激しく荒っぽい演奏で

長い通路を抜けて その演奏を聴く勇気が無くて

入り口付近の通路で 壁のチラシを見ながら

次の従兄弟さんのバンドが始まるのを待っていた。

入り口付近に居たので 

時々 お客が後ろのドアから入ってくる気配だけを

背中で感じて 時間をやり過ごしていた。

また 後ろにドアを開ける気配を感じ

初めて 肩越しに振り返って 見た。

今も 何故そんな気になったかは 分からないけど。

すると 後ろ向きで 背中を丸め

そ~っとドアを閉める人がいた。

薄暗がりだったけど

肩程の長さのサラサラの茶髪と

小柄な後ろ姿に 見覚えがあった。

             ・・・!?

            ・・・ 「エッ!? kiyoちゃん?」

すると 既に振り返った 半ニヤの彼が

            「Hiroママさん!?」

               ・・・!!

うわぁ~!! kiyoちゃんだ~!!

本物~!?  ウソォ~!! 名前知っててくれた!!

いくらkiyo風呂に 「行くと」 コメントしていたとは言え

                  覚えていてくれるなんて・・・!

             内心 メッチャ興奮状態!

しかし ライブハウスの中だし、

kiyoちゃんに逢いに来た訳じゃないし

めいっぱい自分を抑えて 小声で言った。

「新宿のライブに行かれたって(ブログで)言っていたから

絶対に 来ないと思っていたのに・・・。」

「あぁ~、そうなんですよねぇ。

今日来る事は 奴らにもまだ言ってないんですよね。」

そう言いながら kiyoちゃんは

側の自販機でタバコを買おうとしていたが

私が 続けて話しかけた。

「どんな 音楽ですか?」

タバコを買うのを止めて 答えてくれた。

「ううん、ブルースっぽいのを昔はコピーしていたから

ブルース系かな。

でも 激しいっちゃ激しいなァ。説明が難しいなァ~。」

多分 素人の私にでも分かる様に 

説明してくれようとしたんでしょう。

そんな中 私の頭の中は フル回転!

握手してほしいけど 今日はその為に来たんじゃない。

でも こんなチャンス 二度と無いだろうし

             ダメかな? ダメかな?・・・

結局 その通路には 私達しか居らず

                 ・・・暴走しました。爆

「握手してもらっても 良いですか?」

                 「あぁ、ハイハイ。」

断られるのを 覚悟して 恐る恐る言ってみた。

でも kiyoちゃんは 快く 応じてくれた。

なんて 優しい人なんだ。

あまりの 気さくさに恐縮してしました。

「サインも 良いですか?」

                 「あぁ、ハイ!」

・・・とは言ったものの 

サインペンはあったが 書いてもらうものが無い。

万が一 Janneに遭遇したらと妄想し

普段からサインペンとサイン帳を持ち歩いていたのに

今日に限って サイン帳を置いて来てしまっていた。

何か無いかと 焦りながら ・・・!!

自分の着ていた 白のYシャツが 目に止まり

「ここか、ここに して下さい!」と言って

結局 「じゃあ、ここに!」と

Yシャツの袖に書いてもらうことにしたら

    「いやぁ、それは申し訳ないし・・・。えぇ~っ!」と

酷く恐縮しながら サインしてくれた。

     「おぉっ!結構上手く書けるもんやねぇ。」

なんて kiyoちゃん自身が 感動していた。

後で思えば よくこの太い二の腕を

kiyoちゃんに 差し出したものだと 恥ずかしくなった。

                ・・・後の祭りだ。爆

もうここまで来たら 暴走は止まらない

挙句の果てに 「ハグして良いですか!?」

                  ・・・「アッ、ハイ。」

普通なら “ハグして” だろう。

なのに “ハグしていいですか?” って・・・!!

どう考えても 変だろう。

                     馬鹿です。凹

(他にも サラサラの髪や やわらかな耳たぶも

 触ってみたかったけど 流石に踏み止まりました。

・・・ホント あの時は 好き勝手してすみませんでした。)

その後も 「パートは ギターですか?」と聴くと

          「実は ・・・ボーカルなんですよぉ。」

と、まるで自分の事の様に (何故か) 照れていた。

そうこうして 話などしていると

偶然中から 従兄弟さんが出て来て

そこにいる kiyoちゃんに ビックリしながら

「アレッ? あぁ~! 知り合い!?」

(まあ 確かに私からすれば知り合いですが・・・。)

でも Janne絡みで来たとは 思われたくなかったので

黙っていたら  kiyoちゃんの方から

軽く説明してくれていた。

そろそろ 1バンドさんが終わりそうだったので

「じゃあ!」と言う事で kiyoちゃんは奥へ。

私は ドリンクバーで ジュースを。

再び 従兄弟さんが来て話しかけてくれたので

kiyoちゃんが ブログで褒めていた事など話してあげた。

すると 彼は 少し驚きながらも喜んでいた。

因みに 彼はkiyoちゃんより 随分若かったが

全く違う ワイルドな感じの人だった。

似ていると言えば 優しく気さくな人柄だろうか。

その風防からも 彼らは 全く違う音楽性だと感じ

それはそれで ちょっと ワクワクした。

 ~彼らの演奏が 始まった。

落ち着いた雰囲気で 演奏も上手く

歌も 安定した歌唱力で 実に上手かった。

若者らしい 元気でパワフルな感じもあって

確かに 説明は難しいが 1バンド目とは段チだった。

ちょっと 大人な雰囲気で 

彼のMCも 落ち着いたしゃべりで

何となく 貫禄さえ感じた。

kiyoちゃん曰く

彼は音楽の勉強の為に 単身 渡米したほど

一生懸命で行動的で

若いけど しっかりしているんだとか。

立派です!

ウチの娘にも そんな自立心持ってほしいです。

でも 世の中には こんなに沢山 

才能のある人が いるんだなぁと、

改めて 世に認められる難しさを感じました。

彼らにも 頑張って陽の目を見てほしいです。

演奏が終了した後~

頼んでおいた CDを持って 彼は来てくれた。

ライブの感想など話した後

CD代は要らないと言ってくれたが

今日は kiyoちゃんの為に来た訳ではないので

普通に買わせてほしいと言って 購入した。

本当に気配りの効く 素敵な男の子だった。

kiyoちゃんといい 彼といい

どんなに素敵な御両親に 育てられて来たか

すごく伝わってきて ホックリした気持ちになれました。

彼が、 気付いたように

「もう 兄ヤン(?)とは 話さなくていいんですか?」

と言うので

「めっそうも無いですよ!

Janne Da Arcのkiyoさんって言ったら

私達にとって 物凄い人なんです!!

今日の事はkiyoさんのブログで知りましたが

まさか本人が いらっしゃるとは思わなかったので

ビックリしたくらいで

本来なら お話出来るような人じゃないんですよ!」

従兄弟の偉大さに 

気付いて無くも無かったんだろうが

私も つい言ってしまった。  ・・・馬鹿です。

「でも 帰る事だけ伝えて帰ります。」

そう 言って 

素敵な音楽を聴かせて頂いた お礼を言って

ホールの奥にいた kiyoちゃんのもとへ行った。

「あの、このバンドだけ聞きに来たので もう帰ります。」

「あっ、そうですか。わざわざ 有難うございました。」

そう言いつつ

従兄弟さんのバンドの感想を伝えてなかったので

そんな話をして

渡米の話なども話してくれて

結局 凄い人と言いつつ また話し込んでしまった。

                   ・・・暴走にも程がある。

今度こそ お礼を言って

後ろ髪引かれる思いで 帰って来た。

ライブハウスから 出た途端

抑えていた気持ちが爆発!

確かに 暴走気味だったが

それでも 抑えていた訳で

出るなり 携帯で娘に電話をして

ハイテンションで報告した。

当然 娘もビックリしていたが

取り合えず 詳しくは帰ってから。

後は 駅までの道のりも

地に足が着いていない感じで 走りっぱなし

電車に乗っている少しの時間も

走り出したい気分で

傍から見ると ニヤニヤと不気味なオバサンっだったかも。

平静を装ってはいても 明らかにハイテンション。

娘曰く、

結局 その後一週間は ハイテンションだったらしい。

一生の運を使い果たしてしまったような

信じられない現実。

Yシャツに書いてもらった サイン。

こんなにもサインしてもらって 嬉しかった事はなかった。

どんなプレゼントより 最高だと感じた。

あれから 一年経ったんですね!

   これからも ずっとずっと ファンで いさせてくださいね。

                Janne Da Arc!!

060803_2324001_2

   

    ( これは帰宅後 

   娘の腕にシャツを

   掛けて撮ったサイン)

     

           ☆        ☆        ☆

娘に 言われました、

自慢話になってしまうから 止めた方がいいんじゃない?

ハッキリ言って そんなつもりは 全くないけど

そう感じる方がいたら 

単細胞で ドランカーな 

こんなオバサンの暴走を お許しくださいませ。

|

« 松本く~ん!! | トップページ | 生Kaede~! »

「Janne Da Arc」カテゴリの記事

コメント

引き続きすいません!Hiroママさん!そんな素晴らしい日だったなんてとっても素敵です!!
良かったですね~~*^^* kiyoさんは想像通りの本当に優しくてイイ方なんですね~♪ Hiroママさんの事も覚えててくれてて読んでる私も感動しちゃいました~~!! そんな事って起きるんですねぇ~!

きっと神様がHiroママさんとkiyoさんを逢わせてくれたんですよぉ~~^^
とっても羨ましい限りですーー(>_<)
kiyoさんにあんな事や・・こんな事までしちゃえたのはきっとHiroママさんだけですよッ^^v
ラッキーだったですね♪♪ 読んでてとっても楽しかったです☆ 
教えて下さってありがとうございました^0^/


投稿: ゆーり | 2007年8月 4日 (土) 午後 08時09分

周りが自慢と言ったとしても私は何でも聞きたいです!!
私はこのブログを読んで「自慢」なんて思いませんでしたし。

いい思い出の日でしたね!!うらやましいです!!

kiyoちゃん、見た目通りの優しい方なんですね~!!もっと好きになっちゃいました!!

個人的にサインも見たかったです^^

投稿: 蘭 | 2007年8月 4日 (土) 午後 08時43分

う、う、羨ましい!あのkiyoちゃんに生で、逢えて、話して、握手して、ハグして、名前まで覚えて頂いて!自慢して良いですよ!素晴らしい自慢です!
Hiroママさんの暴走、見習いたいです(爆笑)

質問して良いですか?Hiroママさんのお住まいは 横浜なのですか?

投稿: yoshu | 2007年8月 4日 (土) 午後 10時31分

せっかくブログを始められたのに
この日のことが書かれてなかったんで
今回こうして読めて本当に嬉しいですv
せっかくの良い思い出、忘れてしまう前に
絶対に記録してほしいって思ってたんですよ。

しっかしkiyoさん、本当に腰が低くて
とっても感じの良い方ですねぇ(*´∀`*)
入ってくる時にそーっとドアを閉めて。。
ってとこは、もう本当にkiyoさんらしくて
想像して、一人でツボってまいました(ノ∀`)

それにしても。。Hiroママさんの勇気、
せめて半分で良いからわけてほしいなぁー(汗)

投稿: みんみん@携帯 | 2007年8月 4日 (土) 午後 11時39分

kiyoサンとそんなにお話しできたなんて凄いですね!!
しかも名前まで☆
本当に羨ましい~o(><)o笑
もうこれでkiyoサンにHiroママさんが印象ずいたかも(・ω・*)
凄-い!凄-い!
良かったですね(*^-^)b

投稿: 春霞 | 2007年8月 4日 (土) 午後 11時40分

わぁ~!それはそれは・・・自慢話ですね!(笑
嘘です、すごいですね!!てっきり夢オチかと・・・(ぇ
メンバーとそんな直に話できる人なんて、そうそういないですよね!すご~。。。
このブログ読んでたら、やっぱりJanne愛がそうさせてくれたんだなぁと思います^^

従兄弟さんのバンド、私は失礼ながら全く知らなかったんですが、すごく興味が湧きました´∀`
多分違うんでしょうけど、頭の中ではka-yuさんのような風貌を想像してしまいました~。

投稿: @tsuko | 2007年8月 5日 (日) 午前 01時38分

ホントにそんな夢みたいなこと現実にあるんですねぇ~!!
kiyoさんとそんなにお話され、握手して、ハグして。。名前まで憶えてもらってたなんて凄いですね!
丁寧なサインですね♪
やはり。。いつものHiroママさんのコメントkiyoさんのツボしっかり押さえてたから。。印象的だったんだと思います♪こっちまで楽しくなるようなお話ありがとう!!

投稿: インスピレーション | 2007年8月 5日 (日) 午前 09時44分

すごく素敵なひとときだったんですね!自慢だなんて・・とんでもないです。kiyoさんのお人柄を垣間見れてとても楽しく読ませていただきました。

偶然だったとはいえ、Hiroママさんの勇気、尊敬します!私もあの時勇気があったら・・・。
眺めているだけで満足していちゃ、素敵な思い出にならないんですね。

素敵なお話ありがとうございました(^^)/

投稿: cake | 2007年8月 5日 (日) 午後 01時58分

はじめまして。
やっと、この記事書いて下さったんですね!!

・・・いきなり失礼しました。以前からkiyo風呂でのコメントや
ブログを拝読させて頂き、この日のこと大変羨ましく思っていました。
私のPCにも、sound like water のHPが今もブックマークされています。
でも、残念ながら解散されてしまったのですね?
その後について、実は余り詳しくないのです。良かったら教えて
頂けると嬉しいです。
kiyoちゃんが絶賛していた彼の精神と音楽。。形が変わっても、
世に認められる日が来るといいですね。
そして、kiyoちゃんは本当にいい人すぎです!!
もういきなりkiyoちゃんではなく、この際Hiroママさんに触らせて頂き、
Janne運をあやかりたいです(!?)

やっとHiroママさんにコメント出来ました。
食い物ネタに弱い私は『かねよの甘露醤油』の記事で
かなりキていたのですが(爆
どうしても勇気がなくアクションを起こせず。。
今回本当に良いきっかけになりました。

いきなり長々とすみません。
私も子持ちJannerです。今後とも宜しくお願いいたします(^o^)

投稿: yoko | 2007年8月 5日 (日) 午後 05時16分

ゆーりさん>
今 考えても私には奇跡です!
ライブハウスの中にはファンの人は誰もいなかったので
ある意味 独り占めでした。笑
だからこそ許された事かもしれませんね。
自分でさえ 思い出しても信じられません。

蘭さん>
そう思って頂けて ありがとうございます。
人の気持ちを分かってくれる、相手に不快感を感じさせない。
基本的な事かもしれませんが kiyoちゃんてそんな人ですよね!
実は サイドバーにずっとサインの写真付けてあったんです。照
同じ写真では有りますが、追加でUPしたので見て下さいね!

yoshuさん>
自分でも信じられないくらいですから・・・。苦笑
何か 私は緊張するとしゃべれなくなるんじゃなくて
逆に いつも以上にしゃべっちゃうみたいなんですよね~。
それが良いのか悪いのか・・・。あははっ。
(ハマッ子じゃないですが 横浜に住んでますよ。)

みんみんさん>
実は この(記念)日が来るのを待ってました。
迷う部分もあったんですが やっぱり書こうかなと。
文才がなくて伝えきれず申し訳ないんですが、
アッ!思い出しました。
kiyoちゃんがすごく気にしてた事
「いやぁ~、眉毛太いんですよねぇ。」
アー写なんかでは整えた眉を見せているから
気になるんでしょうかね!笑
普段のkiyoちゃんの方がすごく可愛かったですけど。
私のは勇気と言うより、緊張すると機関銃の様に
しゃべっちゃうみたいなんですよ。爆

春霞さん>
今も覚えてくれているかどうかは定かではないですが
その1、2ヵ月後に新宿のブログ本握手会だったので
その時は 覚えていてくれました。
でも 握手会の時 結構皆さんハンドネームを伝えていた様ですが
kiyoちゃんは分かっていたみたいですよ!
ありがたい事ですよね!


投稿: Hiroママ | 2007年8月 6日 (月) 午後 05時35分

@tsukoさん>
今思い出しても夢のようで、夢オチでも不思議じゃないですよね!
従兄弟さんのバンドは既に解散されてしまって、HPの方も
近々閉めてしまうそうです。
管理人はバンドの別のメンバーさんですが、曲は試聴できるので
良かったら聴いてみて下さい。
でも歌はCDより生の方が力強く声量もあってかっこ良かったです。
ka-yuみたいな飾っ気は無く、短い髪に無精ヒゲ的な感じです。
HPも随分削除されてしまってますが、BBSに1枚だけライブの
写真が残ってます。
閉鎖の前に一度どうぞ。

インスピレーションさん>
自分で言うのも何ですが 本当に有り得ないですよね~!
いつもバカな事ばかり書いていて止めがコレですから
明らかに“オマエはいったい幾つやネン!”って思われてますよ。
その内 見離されそうです。。。すでに?!

cakeさん>
勇気と言えるのか・・・。成り行きと勢いなんで。爆
でも ABCライブは最大のチャンスだったかもしれませんね。
きっとこれからも チャンスは皆さん均等に訪れると思います。
こんな運無しの私にさえ訪れたんですから。頑張って下さい!

yokoさん>
いらっしゃい!初めまして~!!
待っていて下さってありがとうございます!
他にも そう言って下さる方々がいらして、心の中でその日が来たら
書くからね~!っと呟いてました。笑
でも文才がないもので・・・申し訳ありません。汗

私もお気に入りに入れてましたよ。残念ですよね!
彼らのその後は私も知らないんですよ~。
でもいつかきっと又 kiyoちゃんのブログにライブ情報などの
報告があると信じてます。
くじ運の無い私でもこんな事があるんですから きっといつか
チャンスは訪れると思いますよ!
これをきっかけに またいつでも遊びに来てくださいね!
私こそ宜しくお願いしますね!

投稿: Hiroママ | 2007年8月 7日 (火) 午前 01時02分

本当に素敵なひとときでしたね! 読んでいて私まで、ドキドキ♪でもとっても幸せな気持ちになれました!
まさにドリーム カム トゥルーですね!どんな小さな出会いも 大切になさっているHiroママさんだからこその出会い。。☆
楽しいお話を ありがとうございました!!

投稿: ともこ | 2007年8月 8日 (水) 午前 12時27分

ともこさん>
本当に いつ何が起きるか分からないですよね!
流石の私も 妄想の域を超えてしまいました。
暴走か妄想かも分からなくなりますね!笑

投稿: Hiroママ | 2007年8月 8日 (水) 午後 05時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/209064/7412494

この記事へのトラックバック一覧です: 最良の思い出の日。:

« 松本く~ん!! | トップページ | 生Kaede~! »